学生におすすめの消費者金融

学生の方は、カードローンが利用できるのでしょうか? 学生の方でも利用できる、消費者金融(カードローン)や学生ローンおすすめの借り入れ先をご紹介したいと思います。

 

【学生、何歳から利用できるの?】

消費者金融ローンは、満20歳以上の方が利用できます。20歳を超えていない未成年の方は、カードローンを利用することはできません。

 

ただし、ローンの中にも例外があります。ろうきん(全国労働金庫協会)のような、特殊な金融機関であれば、一部「未成年の方が利用できる」ローンも存在します。ただ、入会に関する条件が複雑なため、あまり一般的ではありません。

 

また、一部のクレジットカードは、未成年の方が利用できる(発行可能な)カードがありますが、親権者の同意が必要で、キャッシングの限度額は最高でも10万円までに制限されています。

 

【未成年でも利用できる、学生ローンは無いの?】

未成年の方でも利用できるローンには、日本学生支援機構が融資を行う「奨学金」や、信販会社が各学校(大学や専門学校)と提携する、教育ローンがあります。どれも、学費の支払いや教材の購入にのみ利用できるローンです。

 

学費の支払いで進級が難しい方は、これらの奨学金を利用してください。一部の奨学金には返済不要なものも存在します。奨学金を希望される方は、各学校の学生課や担任の先生に相談をしてみてください。

 

【親権者の同意が必要】

どの学生ローンも親権者の同意が必要です。両親もしくは、親戚の方の同意を得てから申し込むようにしてください。また、未成年の方は(親権者の同意があったとしても)消費者金融の利用ができないので、注意しましょう。

 

【学生の方、消費者金融の利用で注意すべきポイントは?】

20歳以上の方でも、安定した収入が本人に無い限り、カードローンは利用できません。アルバイトなどで、安定した収入がある方のみ、カードローン(消費者金融)に申し込みをしてみてください。

 

学生の方は、可決額が少なく設定されますが、アルバイトで得られる年収の最高、3分の1まで融資が受けられます。

 

【学生の間は、勉強に専念すべし!】

学生の間は無理な借入はなるべく控えるようにしましょう。借入が増えてしまうと、就職活動や学生生活に支障が出ます。

消費者金融の人気ランキング

消費者金融の人気ランキングを紹介したいと思います。みなさんのカード選びの参考にしてみてください。

 

【最新・消費者金融ローンの人気ランキング】

1位:プロミス(三井住友銀行系)
2位:モビット(三井住友銀行系)
3位:アコム(三菱東京UFJ銀行系)

 

1位のプロミスとモビットは、どちらも「三井住友銀行系列」のカードローン商品です。また、3位のアコムも、日本を代表するメガバンク、三菱東京UFJ銀行系列のカードローン商品です。

 

【金利や貸し付け条件について、比較してみよう】

ここでは、上位三社の金利や貸し付け条件について比較してみたいと思います。

種別 系列 利息 融資額 年齢上限
プロミス 三井住友銀行 年4.5%〜17.8% 最高500万円 69歳まで
モビット 三井住友銀行 年4.8%〜18.0% 最高500万円 65歳まで
アコム 三菱東京UFJ銀行 年4.7%〜18.0% 最高500万円 記述なし

 

このように、同じ銀行系のローンでも、利息や年齢の上限は異なります。最も違いが大きいのは「年齢の上限」に関する項目です。プロミスでは「最高69歳まで」と年齢制限がゆるやかですが、モビットは「65歳まで」としています。

 

また、アコムについては「明確な記述はない」ものの、口コミなどの意見を参考にすると、原則「69歳まで」と、年齢上限が決まっているようです。

 

【融資の上限と金利】

融資の金額はどれも「最高500万円」となっており、大口の融資にも対応していることが分かります。

 

金利に関しては、各社で大きな差はありませんが、プロミスが若干「最低金利の設定」が低く抑えてあることが見て取れます。

 

【審査の難易度と、ローンの選び方】

審査の難易度は(口コミを参考に作成)やさしい順に、プロミス、モビット、アコムの順になっています。ただ、ローンは審査の難易度だけで選んではいけません。金利や貸し付けの条件を参考に、自分に合うローンを選ぶようにしましょう。

安全な消費者金融とは?

安全な消費者金融とは、どのような会社(企業)を指すのでしょうか? ここでは、安全な消費者金融と、「安全にカードローンを利用するコツ」について、説明したいと思います。

 

【消費者金融は、銀行系が安全】

消費者金融の中にも銀行系、ノンバンク系(銀行系以外)のほか、地方や街中の「街金」など、さまざまな種類があります。ノンバンク系と言えば、カードローンのアイフルが有名ですが、アイフルは銀行系ではありません。

 

銀行系のカードローン会社は、プロミス、モビット、アコム、ノーローンなどの会社があります。レイクは、一見「消費者金融」に見えるのですが、実は新生銀行のカードローン商品で、ローン自体は「銀行ローン」に属しています。このため、レイクは総量規制の対象外となっているのです。

 

レイク以外の消費者金融は、すべて総量規制の対象となっています。これは、消費者金融の規模に関係なく、すべての「貸金業者」に適用されるルールです。

 

【危険な消費者金融とは?】

危険な消費者金融とは、届け出のない業者や、違法な融資を行う金融会社を指します。中には、健全な融資を行うところもありますが、小さな消費者金融は「経営の実態が把握できない」ので、100%安全とは言えません。

 

安全な取引をするには、銀行系などバックアップ体制のしっかりした金融機関を利用しましょう。本サイトで紹介している、銀行系のローン会社を選択すれば、いつでも安全にキャッシングが利用できます。

 

【消費者金融の安全な選び方】

前の項目でも説明しましたが、安全な取引ができる消費者金融は、銀行系を選ぶのが一番です。

 

潤沢な資金もあり、経営難に陥る心配もありません。また、親会社の銀行ローンよりも審査の難易度も比較的ゆるやかです。審査に自信が無い方も、安心してキャッシングが利用できるでしょう。

消費者金融って何?

消費者金融とは、どのような金融機関なのでしょうか? 

 

【消費者金融の定義】

消費者金融は、個人向けの「小口の融資」を行う業者を指します。原則として、無担保・保証人なしで融資を行うのが特徴です。

 

消費者金融とは「貸金業者」であり、各都道府県、もしくは財務省(事業所の数や規模によって、届け出る場所が異なる)に届け出を行うことが義務付けられています。消費者金融には「貸金業法」と呼ばれる、融資のルール(法律)が適用されます。

 

これに対して「銀行」は、貸金業法ではなく「銀行法」によって利用のルールが課されています。このため、銀行は貸金業者ではなく、銀行として融資を行っているのです。

 

【貸金業者の種類】

貸金業者には、消費者金融、クレジットカードを発行する信販会社があります。街中の小さな(地元密着型)の金融会社も消費者金融(もしくは、街金)と呼んでいます。

 

貸金業者は、貸金業法の中の「総量規制」によって「年収の3分の1ルール」が適用されています。これは、年収の3分の1を超える融資はできないよう規制される法律です。

 

【代表的な消費者金融】

カードローンのプロミス、モビット、アコム、ノーローン、アイフルは、代表的な(人気のある)消費者金融として、広く知られています。

 

【大手銀行が母体となる、銀行系がメインとなっている】

消費者金融の中でも「銀行系」と呼ばれるローン会社が、広い支持を集めています。銀行系とは、大手銀行が親会社として経営を行う(比較的新しい形態の)ローン会社を指します。

 

具体的には、プロミス、モビット(三井住友系)アコム(三菱東京UFJ銀行系)ノーローン(新生銀行)などの金融機関が「銀行系の消費者金融」です。

 

これに対して、アイフルは「ノーバンク系」と言い、銀行の系列には属さない、消費者金融会社です。

 

【危険じゃ無いの?】

消費者金融での借入は、決して「危険」なものではありません。(先程も説明したとおり)各カードローン会社は、大手の銀行が「親会社」として、強力なバックアップを行っています。

 

銀行系を利用すれば(私たち利用者は)いつでも安心してキャッシングが利用できます。